International Collaborative Human Resources Development Program in Asia to Foster Inclusive Mindsインクルーシブ・マインドを醸成するアジア地域国際協働人材育成
2021年度大学の世界展開力強化事業(B①:CAプラス)

2022年度 サマースクール実施報告書(8/23-8/31)

【実施概要】

期間    : 令和4年(2022年)8月23日(火)~令和4年(2022年)8月31日(水) 9日間

場所    : 広島大学 

テーマ  :ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)

主な内容 :・5カ国の学生が集い,アジアのD&Iに関する課題について討議

      ・インクルーシブ社会の実現に向けた最先端研究の体験(大学病院、医学・工学分野等)

      ・広島大学の特色である「平和」についての体験学習を実施

参加者  :学生27名(うちオンライン5名)

国・大学名

参加人数

参加場所・備考

北京師範大学(以下,BNU

学生2

オンライン

長春大学(以下,CCU

学生3名

オンライン

韓国外国語大学(以下,HUFS

学生6名

広島

カセサート大学(以下,KU

学生3名

広島

インドネシア教育大学(以下,UPI

学生5名

広島

 

【実施日程】

1

8月23日(火)

於:広島大学フェニックス国際センターMIRAI CREA 大会議室(午前)

 

於:学外(午後)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<オリエンテーションとキャンパスツアー>            

午前: オリエンテーション

・プログラムの趣旨,テーマ、スケジュール確認,学生の自己紹介など

・BEVIテスト、奨学金,Wi-Fi、誓約書の未提出者確認など事務手続きなど

午後: キャンパス&タウンツアー(広大生がガイド)

・MIRAI CREA~ぶどう池~中央図書館~北口バス停(徒歩)

・西条駅~酒蔵通り~ゆめタウン(徒歩)

2

8月24日(水)

於:教育学部C203

 

於:教育学部B103

(インクルーシブ教室)

<特別支援教育> 

午前:特別支援教育についてのグループワーク

午後(1): 特別支援教育についての講義

午後(2):インクルーシブ教育についての講義

国立特別支援教育総合研究所もゲストとしてオンラインで参加)

  

3

8月25日(木)

於:学外(マツダミュージアム)

 

 

 

 

 

 

 

於:学外(霞キャンパス 保健科学棟)

<企業見学、リハビリテーション> 

午前: マツダミュージアム及び工場見学

・マツダの歴史,マツダのSDGsへの取り組み,工場見学

午後: リハビリテーションの講義 

・動きに伴う脳波解析

・膝の動きの動作解析

  

4

8月26日(金)

於:教育学部C203

<コミュニケーション(テクノロジー)・多様性・宗教>  

午前::専門分野(4つのテーマ)についての講義

1.Ultrasound use in pronunciation 

2.Cognitive aspects of diversity in foreign language learning 

3.Cultural and religious diversity 

4.Learning engineering

午後(1):グループ・ティスカッション

・テーマ毎に6-8名のグループに分かれ,ディスカッション。最後に簡単なプレゼン―ション

  

午後(2):宗教についての講義

5

8月27日(土)

於:学外

<平和・広島> 

午前:平和公園訪問(広大生がガイド)

・慰霊碑~平和祈念館~禎子の像見学後,自由行動

   

🚢ひろしま世界遺産航路の高速艇で宮島へ移動

午後:宮島訪問(広大生がガイド)

・表参道~厳島神社の見学後,自由行動(宮島口港集合)

  

6

8月28日(日)

自由行動

7

8月29日(月)

於:学士会館2Fレセプションホール

<インクルーシブ教育> 

午前:「インクルーシブな社会を構築するため」の企業・団体の取組実践例について(外部講師)

    

午後:「インクルーシブな社会を構築するため」のアイデア・マイニング・ワークショップ(外部講師)

・アイスブレーキング,ブレインストーミング,アクションプランを経て,プレゼンテーション

 

8

8月30日(火)

<自主研修

終日:最終プレゼンテーションの準備(リサーチ,スライド作成など)

9

8月31日(水)

於:学士会館2Fレセプションホール

 

 

 

 

 

 

 

於:マーメイド・カフェ

<プログラムの総括> 

午前:最終プレゼンテーション(12組×10分)

     

・12組のプレゼンテーション終了後,講師による総評,プログラム・コーディネーターによるまとめ

夕方:修了証授与,フェアウェル・パーティー

 

【参加学生のコメント抜粋】

・言葉がうまく通じなかったり,自分の実力が足りなかったりすることもあったが,仲間から心からの励ましや賞賛を受け,自信がついた。

・1日講義,1日見学というスケジュールが良かった。

・プログラムの講義やフィールドトリップは,どれも満足のいくものでした。プログラムの期間が短かったので,もっと長くてもよいのではと思います。

・異なるバックグラウンドを持つ多くの学生に出会え,他の国の文化についてもっと知ることができました。

・ディスカッションをしたり,最終プレゼンテーションの準備をしたり,大学の外で日本食を食べたりしているうちに,とても仲良くなれました。

・Diverse & Inclusive societyという概念について普段考える機会があまりなかったため,新たなに考えさせられるいい機会だったと思います。

・インクルーシブな社会やダイバーシティについて,教育現場だけでなく,NGOや政府機関などからもゲストスピーカーがいたので,本当によかったです。